建物区分登記

建物区分登記とは


 【どんな時に申請するのか】


・登記記録上1個の建物の各部分を区分しそれぞれ1個の建物としたい場合
・建物を二世帯住宅に改築した場合


 【添付書類】

・建物図面、各階平面図
・住所証明書
・委任状
・住所証明書
その他
・規約証明書
・非敷地権証明書
・相続証明書


◆建物区分登記ができる場合とは
建物を区分するためには、それぞれの専有部分が、

・構造上独立していること(ほかの専有部分と遮断されていること)
・利用上独立していること(出入口により他の専有部分を通らず直接外部に通じること)

二つの要件を兼ね備えている場合に区分できるとされています。


◆敷地権について
建物区分登記を申請する際、
敷地利用権と建物の所有権が一体化し分離処分が出来ない状態となり、
権利の動きは建物の登記記録に記録されていくこととなります。
※敷地権とならない場合もありますので、詳しくは相談ください。


◆規約証明書について
建物区分登記申請のとき、
規約証明書を添付することが可能です。
具体的には以下のような内容を定めることができます。

・共用部分を定める規約(規約共用部分)
・建物の敷地を定める規約(規約敷地)
・専有部分と敷地利用権との分離処分を可能とする規約
・敷地利用権の割合を定める規約

※最初に建物の専有部分の全部を有するものからの申請の場合は公正証書により設定する必要があります。


 【参考費用】

区分する数や規約の設定等により費用が変わります。




facebook友達申請お願いします⇒

にほんブログ村 士業ブログ 土地家屋調査士へ
にほんブログ村
↑↑↑ ランキングに反映されますので、クリックのご協力をお願いします☆(1日1回反映されます)

調査士受験生はこちら⇒⇒⇒
【求人~スタッフ(補助者)を募集しています】⇒⇒⇒


土地家屋調査士法人 サンシアス
土地家屋調査士 池富嗣勇
スポンサーサイト