第13回全国青年土地家屋調査士会in神奈川


11月11日、12日は全国青年土地家屋調査士会のお手伝いをしてきました。

全国青年土地家屋調査士会とは土地家屋調査士や有資格者で結成されています。
青年とは書いていますが、年齢制限はありません。

主な活動としては(神奈川の場合)、月一回会館に集まり、
土地家屋調査士業に関して、勉強会を行なっています。

年会費もありません。

今回は、全国大会が神奈川で実施されました。
全国大会とは、全国の青年土地家屋調査士会が集合し、
交流を図るのが一番の目的かと思います。
前回は熊本で実施されました。


本番は12日ですが、
11日に前夜祭がありました。

受付係り。


会場は、横浜のハマボールで実施。


11月12日全国大会当日。


またまた受付やっております。

講演の最初は神奈川会の田村佳章さんによる
明治初期に外国人が行動する範囲を測量したことに関する研究、
神奈川県ならではの地租改正研究発表がありました。
実際に現地で杭を探したビデオが流されたみたいですが、
受付にいたため、見れずじまい、、、


午前の部後半、
東学寺の御住職、笠龍桂様による、建長寺創建と禅の教えについて講演がありました。
笑いあり、涙ありの講演でした。


午後は、衆議院議員、小泉進次郎様による講演。
日本人はどこから来たのか?当時の日本人と今の日本人との違いに関する話や、
今後の農業に対する熱い思いが伝わる講演でした。


全国大会は続きますが、
私の担当は、
講演後の懇親会担当ですので、
休憩後、

会場のローズホテルへ移動。


受付は東京会の方にも協力いただきました。
ありがとうございます。


懇親会は、神奈川会露木先生のパフォーマンス、
東京会の大倉先生による男前選手権があり、
大盛り上がり!


次回は岩手会です。



にほんブログ村 士業ブログ 土地家屋調査士へ
にほんブログ村
↑↑↑ ランキングに反映されますので、クリックのご協力をお願いします☆(1日1回反映されます)

調査士受験生はこちら⇒⇒⇒

土地家屋調査士法人 共立測量登記事務所
土地家屋調査士 池富嗣勇






スポンサーサイト