指先を惜しげもなく大胆に且つ、しなやかに使っています。

貼付型の金属プレートを設置してきましたー。

最近、コンクリート杭が大量に届いたのに出番が延期中。
保管場所に困っているのに( ´_`)。。。最近は貼付タイプの出番ばかりです。

さて、まずはワイヤーブラシで設置する場所の表面を削ります。



このようにササッと削るだけで、色が変わるくらいに汚れが落ちます。



以前、埋込型プレートの設置方法をご紹介しましたが

今回の商品はこちら!


クイックメンダーというボンドを使います。

2液等量混合型で、A剤(主剤)と



B剤(硬化剤)を



1:1の割合で取りだします。(順番は問わないようです)



そして、ヘラを使ってこねまーす。



充分にこねまーす。



ほっぺたが垂れ落ちていようとも気にせず、しっかりとこねまーす。



ここからは時間との勝負です!
混合後、5分で硬化が始まるからです。(15分でほぼ硬化、60分で実用強度に達し、完全硬化は約半日だそうです)

土台が出来たらプレートを貼付けますが、プレートの裏には隙間があるので、ヘラを使って、ボンドを塗り込んでおきます。



そしてプレートがズレないよう、慎重に設置。
(矢印の方向にはルールがありますが、それはまた今度。)



プレートのサイズより大きめに土台を作っているので、設置したら、余りのボンドをプレートの側面に塗ります。
もちろんズレてはいけないので、慎重に!

慎重に且つ、確実に。

なので、ここでは大胆に指先を使っています。

小指からの人差し指。



時には、薬指だって使います。



そのせいか、最近、無意識に指の形が変なことになっているのが悩みです。

どんな形か?




それは・・・








SANSIASのFacebookでご確認ください!
カバー写真と3/31にupされた写真でーす!
(後で気が付いて、とても、とっても恥ずかったです(*゚ェ゚*)。。。)
そしてそして、SANSIASのフォローもお待ちしております!


facebook友達申請お願いします⇒

にほんブログ村 士業ブログ 土地家屋調査士へ
にほんブログ村
↑↑↑ ランキングに反映されますので、クリックのご協力をお願いします☆(1日1回反映されます)

調査士受験生はこちら⇒⇒⇒
【求人~スタッフ(補助者)を募集しています】⇒⇒⇒


土地家屋調査士法人 サンシアス
土地家屋調査士 池富嗣勇

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する